マッスルエナジーテクニック治療

マッスルエナジーテクニックとは? マッスルエナジーテクニック治療 マッスルエナジーテクニック治療の方法 最終域感を感じる位置(制限バリア) 急性期および慢性期 PIRとRIの比較 参考文献 マッスルエナジーテクニックとは? マッスルエナジーテクニック治療…

マッスルエナジーテクニック

マッスルエナジーテクニックとは? マッスルエナジーテクニックの利点 過緊張な筋における正常な筋緊張への回復 筋力低下がある筋の強化 その後のストレッチのための筋の準備 関節可動性の改善 マッスルエナジーテクニックの生理作用 等尺性収縮後弛緩 (PIR…

スピンチェッカー

スピンチェッカーとは? スピンチェッカーで練習するメリット スピンチェッカーとは? 両サイドがカットされているので、ボールを中心で握る習慣が身につきます 少しの乱回転でも大きく目に見えて変化するため、視覚確認も容易です 横回転などクセのある回転…

キレダス

キレダスとは? キレダスはどうやって使うの? キレダスで練習するメリット キレダスとは? 視覚的な投球改善を可能にしたKIREDASならボールを前で離す感覚が驚くほど掴める!効果が1日で分かる!投球指導に最適なアイテム! 投手はキレが出て低めも伸びる球…

脚長差と骨盤

脚長差の定義 脚長差のタイプ 1.構造的 2.機能的 3.特発的 脚長差の評価 立位バランス検査 脚長差と中殿筋の関係 脚長差と体幹頭部の関係 参考文献 脚長差の定義 脚長差は、一側の脚が他側より短い状態である その脚長差は実際の海保学的な差なのか、…

歩行と骨盤の関係

歩行周期 踵接地 筋膜連結 参考文献 歩行周期 歩行周期は立脚相と遊脚相に分けられる 各歩行周期は立脚期における先行する脚の踵接地から始まり、遊脚期を経て、同じ側の脚の次の地面との接触で終了する 立脚期はさらに踵接地、立脚中期、推進期に分けられる…

コアマッスルと仙腸関節

コアマッスルとの関連 インナーコアユニット(ローカルシステム) 腹横筋 多裂筋 内圧の増幅 アウターコアユニット(グローバルシステム) 参考文献 コアマッスルとの関連 インナーコアユニット(ローカルシステム) インナーコアユニットは以下の筋より構成されて…

頚椎捻挫 治療編

頚椎捻挫 頚椎捻挫における問題点 上位頚椎の安定性に重要な靭帯 上位頚椎の安定性のテスト 椎骨動脈のテスト 下位頚椎の神経系のテスト 治療 1.スタビライゼーション 背側の筋のスタビライゼーション 腹側の筋のスタビライゼーション 2.牽引 頚椎全体の…

頚椎捻挫 評価編

ひょうか 頚椎捻挫 頚椎捻挫における問題点 上位頚椎の安定性に重要な靭帯 上位頚椎の安定性のテスト 蓋膜のためのテスト 1.牽引テスト 2.上位頚椎を屈曲位での牽引テスト 3.上位頚椎屈曲テスト 4.上位頚椎腹側並進テスト 翼状靭帯のためのテスト 1…

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎 1:病期と介入の考え方 1.発症直後 (炎症反応第1期) 2.炎症最盛期 (炎症反応第2期) 3.炎症収束期 (炎症反応第3期) 4.拘縮完成期 (結合組織治癒過程の成熟期に相当) 2:理学療法に併用される主な整形外科的治療 1.関節造影時のディ…

尺骨神経麻痺

尺骨神経(第8頚神経と第1胸神経) 運動枝 知覚枝 尺骨神経の外傷性障害と圧迫性症候群 近位尺骨神経障害 中位尺骨神経障害 遠位尺骨神経障害 尺骨神経障害による鷲手 フロマン徴候の陽性 腕神経叢を出た後の尺骨神経の走行 上腕の主要な神経欠陥経路:内側上…

橈骨神経麻痺

橈骨神経 運動枝 筋枝(橈骨神経から) 深枝(終枝:後骨間神経) 知覚枝 橈骨神経の外傷性障害と圧迫性症候群 近位橈骨神経障害 中位橈骨神経障害 遠位橈骨神経障害 近位・中位橈骨神経障害による下垂手 腕神経叢の後束を出た後の橈骨神経の走行 三頭筋裂孔 橈…

姿勢筋と相動筋 マッスルインバランスの影響

不良な姿勢 疼痛スパズムサイクル 緊張(姿勢)筋と相動筋 姿勢優位筋群 肩 前腕 体幹 骨盤 下腿 相動優位筋群 肩 前腕 体幹 骨盤 下腿 筋の延長と短縮 姿勢筋の延長と短縮 相動筋の延長と短縮 姿勢筋群 相動筋 マッスルインバランスの影響 参考文献 不良な姿…

仙腸関節の安定性

仙腸関節の安定性に関わる2つの要素 フォームクロージャー フォースクロージャー 仙腸関節の安定性 仙骨のニューテーションとカウンターニューテーション フォースクロージャー靭帯 参考文献 仙腸関節の安定性に関わる2つの要素 仙腸関節の安定性に影響を与…