腰椎・腰部の機能解剖

関節突起および椎間関節 椎弓根 各椎骨の特徴 腰椎の靭帯と椎間板 前縦靭帯 後縦靭帯 黄色靭帯 棘間靭帯 棘上靭帯 横突間靭帯 腸腰靭帯 線維輪 参考文献 関節突起および椎間関節 関節突起の関節面の形状は、腰椎の運動とその安定性に大きく関与している 上関…

少年野球指導のポイント

野球指導者の責務 子供には基本的な技術を指導する 子供には多くの種目を経験させる 発育発達状況を見極めるとともに、野球環境の変化にも留意する 参考文献 野球指導者の責務 子供には基本的な技術を指導する 子供に野球を指導する人向けのアメリカ本に、「…

投手の体力トレーニング

高強度・短時間の間欠的運動 投手の全身持久力はそれほど求められていない 厳しい全身持久力トレーニングを筋力トレーニングと併用すると、筋力は頭打ちになる トレーニング後は炭水化物といっしょにタンパク質を早めに摂る 参考文献 高強度・短時間の間欠的…

野球選手の体格

野球選手のからだつきの特徴 大きなパワーを発揮するために筋肉量を多くする プロ野球選手と一般人の体格の違い プロ野球選手の筋肉量 環境が変わった時には体重の変化に注意する 野球選手の脂肪率は一般人とは変わらない 筋肉の太さは野球の練習内容に応じ…

ピッチング グラブの動き

グラブハンドの動きはボールスピードに貢献している グラブを体幹に近づけて回転させる グラブハンドを固定すると体幹の捩りが減ってしまう 参考文献 グラブハンドの動きはボールスピードに貢献している グラブを体幹に近づけて回転させる 投球腕を振るまで…

投球数と投球スピードの関係

投球数の増加と投球スピードの低下 全力で150球投げたら3日以上は休む 試合でも投球数が増えれば投球スピードは落ちる 球速が落ちるのは乳酸が筋肉に溜まるからではない 球速の低下は全身持久力と関係しないが、筋力とは関係する 投球数が増えると動作も変わ…

ピッチング ボールスピン

ボールの回転軸の向きと回転数 5つの要素が球筋を決める 回転軸と回転数の影響 純粋なバックスピンのためには前腕と掌を進行方向に向ける ボールスピンによって球筋がずれる カーブでは手背屈を小さく、回外を大きくする 参考文献 ボールの回転軸の向きと回…

ピッチング 指導者が着目する投球動作

熟達した指導者が着目する投球動作 指導の着眼点は多岐にわたる 指導者は体幹の回転の良し悪しを重視している 幅広い年齢層に適用可能な着眼点がある 参考文献 熟達した指導者が着目する投球動作 指導の着眼点は多岐にわたる 中学生から大学生まで25人の投手…

ピッチング 遠投とスピード・トレーニング

遠投とスピード・トレーニング 速投と遠投の投げ方の違いは上胴の傾きにある 遠投で肩の外旋と水平伸展が大きくなることに注意する 腕のしなりと胸の張りをつくる 肘内側や肩前面の障害には注意 スピード・トレーニングにするための遠投がある 遠投とボール…

ピッチング 脚と腕のマッチング

脚と腕のマッチング 子供は腕の振りが重心移動より遅れがちになる 脚からのエネルギーを腕にマッチングさせることが重要 身体重心の移動スピードと右手のスピード 軸脚に体重を乗せているうちに腕をテイクバックする 腕を振るのではなく、引きずる バネを引…

ピッチング ボールリリース

指の反動動作 手首のスピードが最大の時に指を曲げて長く保つ スピンを速くしてマグナス力を大きくする スピン量の違いとボールの軌道 マグナス力 ボールスピンを利用して抵抗力を変える 伸びるボールとは? ジャイロボール ボールの握り方を変えてスピン量…

ピッチング コントロール

腕の振りとコントロール 余分な動きを減らしてコントロールを良くする コントロールタイプとスピードタイプ 腕の動きを直線的にすればコントロールは良くなる 腕を直線的な軌道で動かしてコントロールを良くする 腕を直線的に動かす リリースポイントによる…

ピッチング 投球動作のタイプ

投球動作のタイプ別の特徴 投球動作のタイプの違いは体幹の傾きにある アンダーハンドでは肩の前方、サイドハンドでは肘の内側にかかる力が大きい 投球動作のタイプによる肩甲骨位置の違い 投球動作のタイプによる最大外旋後の違い 指導によってタイプ別の特…

ピッチング 腕の振り

体幹の回転と腕の振り 体幹や肩のエネルギーを腕に流す 上肢の運動学 エネルギーの源 体幹に沿って腕を挙げる テイクバック 体幹の動きを腕に転移させる 腕を伸ばしてから肩を内旋させる 手首では親指側から書士側に斜めに掌を曲げる 参考文献 体幹の回転と…