トレーナー向け

マッスルエナジーテクニック治療

マッスルエナジーテクニックとは? マッスルエナジーテクニック治療 マッスルエナジーテクニック治療の方法 最終域感を感じる位置(制限バリア) 急性期および慢性期 PIRとRIの比較 参考文献 マッスルエナジーテクニックとは? マッスルエナジーテクニック治療…

マッスルエナジーテクニック

マッスルエナジーテクニックとは? マッスルエナジーテクニックの利点 過緊張な筋における正常な筋緊張への回復 筋力低下がある筋の強化 その後のストレッチのための筋の準備 関節可動性の改善 マッスルエナジーテクニックの生理作用 等尺性収縮後弛緩 (PIR…

脚長差と骨盤

脚長差の定義 脚長差のタイプ 1.構造的 2.機能的 3.特発的 脚長差の評価 立位バランス検査 脚長差と中殿筋の関係 脚長差と体幹頭部の関係 参考文献 脚長差の定義 脚長差は、一側の脚が他側より短い状態である その脚長差は実際の海保学的な差なのか、…

歩行と骨盤の関係

歩行周期 踵接地 筋膜連結 参考文献 歩行周期 歩行周期は立脚相と遊脚相に分けられる 各歩行周期は立脚期における先行する脚の踵接地から始まり、遊脚期を経て、同じ側の脚の次の地面との接触で終了する 立脚期はさらに踵接地、立脚中期、推進期に分けられる…

コアマッスルと仙腸関節

コアマッスルとの関連 インナーコアユニット(ローカルシステム) 腹横筋 多裂筋 内圧の増幅 アウターコアユニット(グローバルシステム) 参考文献 コアマッスルとの関連 インナーコアユニット(ローカルシステム) インナーコアユニットは以下の筋より構成されて…

姿勢筋と相動筋 マッスルインバランスの影響

不良な姿勢 疼痛スパズムサイクル 緊張(姿勢)筋と相動筋 姿勢優位筋群 肩 前腕 体幹 骨盤 下腿 相動優位筋群 肩 前腕 体幹 骨盤 下腿 筋の延長と短縮 姿勢筋の延長と短縮 相動筋の延長と短縮 姿勢筋群 相動筋 マッスルインバランスの影響 参考文献 不良な姿…

仙腸関節の安定性

仙腸関節の安定性に関わる2つの要素 フォームクロージャー フォースクロージャー 仙腸関節の安定性 仙骨のニューテーションとカウンターニューテーション フォースクロージャー靭帯 参考文献 仙腸関節の安定性に関わる2つの要素 仙腸関節の安定性に影響を与…

慢性腰痛症における体幹機能とアプローチ

腰痛症における体幹機能のアプローチ 内腹斜筋の骨盤安定化機能とアプローチ ①立位での体重移動による内腹斜筋の促通 ②座位における内腹斜筋の促通 ③立位での一側下肢の前方ステップ 骨盤変位とそのアプローチ アプローチ ①骨盤前傾に対するモビライゼーショ…

上肢の運動器疾患における体幹機能とアプローチ

上肢の運動器疾患における体幹機能とアプローチ 上肢のアライメント不良に関連する体幹機能 菱形筋群の機能不全 小胸筋の短縮 傍脊柱筋・腹部筋の機能不全 代表的アライメント不良 上腕骨頭前方変位 翼状肩甲 外反肘 上肢のアライメント不良に関連する体幹機…

頚部と体幹機能に対するアプローチ

頚部と体幹機能に対するアプローチ 1.頚部と胸郭の位置関係 2.脊柱起立筋による胸郭の運動制御に対するアプローチ 3.頚部周囲筋に対するアプローチ 体幹機能に対するアプローチ 1.骨盤の安定化 2.腹筋群による胸郭制御に対するアプローチ ①内腹斜…

歩行と体幹・股関節筋の活動

歩行時における体幹筋の筋活動パターン 歩行時における股関節周囲筋の筋活動パターン 各歩行周期における体幹筋・股関節周囲筋の役割 1.立脚初期 矢状面 前額面 水平面 2.立脚中期 矢状面 前額面 水平面 3.立脚後期 矢状面 前額面 水平面 参考文献 歩…

腰椎椎間板と椎間関節

椎間板 髄核 線維輪 線維輪の線維方向と運動 離開 滑走 転がり運動 回旋 腰椎椎間関節 横断面における関節面の形状と機能 関節軟骨 関節包 滑膜 関節内組織 脂肪 半月様組織 参考文献 椎間板 髄核 髄核は粘液物質からなる半流動体であり、組織学的にはいくつ…

腰部のバイオメカニクス

腰背部の運動学 体幹伸展によって生じるストレス 体幹屈曲によって生じるストレス 腰部屈曲伸展による生体力学的影響 仙腸関節へのストレス 参考文献 腰背部の運動学 体幹伸展によって生じるストレス 腰椎伸展時は、前縦靭帯などの腰椎前方には伸張力、後方…

下部体幹の筋群

腹筋群の役割とその捉え方の視点 腹直筋 外腹斜筋 内腹斜筋 腹横筋 腸腰筋 胸腰筋膜 広背筋 多裂筋 腰方形筋 大腿筋膜張筋および腸脛靭帯 大殿筋 参考文献 腹筋群の役割とその捉え方の視点 腹筋群は、体幹の可動性と安定性に関わる 腹筋群の主な役割は、以下…

腰椎・腰部の機能解剖

関節突起および椎間関節 椎弓根 各椎骨の特徴 腰椎の靭帯と椎間板 前縦靭帯 後縦靭帯 黄色靭帯 棘間靭帯 棘上靭帯 横突間靭帯 腸腰靭帯 線維輪 参考文献 関節突起および椎間関節 関節突起の関節面の形状は、腰椎の運動とその安定性に大きく関与している 上関…

膝前十字靭帯損傷②

前十字靭帯損傷のメカニズム 力学的要因 疫学的な調査から 前十字靭帯再建術後の影響 再建グラフトの組織学的治癒と力学的強度の経時的変化 前十字靭帯再建術が膝関節の機能や運動に及ぼす影響 炎症症状 術創部の瘢痕化と癒着 再建術後の歩容 参考文献 前十…

膝前十字靭帯損傷

概要 前十字靭帯損傷時の病態 受傷直後の病態 機能的な病態 運動学的な病態 大腿脛骨関節 歩容の病態 前十字靭帯不全膝の病態 理学療法を展開する際のポイント 術前 術後 前十字靭帯再建術後の可動域制限 膝関節周囲筋群の機能改善 patella valgus rotation …

膝半月板損傷

概要 半月板の構造と機能 機能解剖 運動学 バイオメカニクス 荷重分散機能 関節の安定化機能 半月板損傷の分類と発生メカニズム 発生原因 断裂の様式 原因動作 半月板損傷の理学療法評価 問診 視診・触診 関節可動域 筋力 特殊検査 スクワッティングテスト …

膝関節の機能解剖②

動的安定化機構 前・後方制御機構(伸展機構) 膝蓋骨の役割 膝蓋大腿関節の運動生理学 大腿四頭筋の役割 内・外側制御機構 内側の筋性制御機構 外側の筋性制御機構 歩行時の膝関節の機能 歩行中の重心の位置 立脚相における膝関節の役割 遊脚相における膝関節…

膝関節の機能解剖

膝関節の静的安定化機構 膝関節の基本構造 骨性構造 靭帯性構造 半月の構造 関節包 膝関節のアライメント 安定化機構 局所解剖と役割 内側部 外側部 膝窩部 内部 膝関節の運動生理学 屈曲・伸展 軸回旋運動 参考文献 膝関節の静的安定化機構 膝関節の基本構…

肘関節の機能解剖

肘の骨・関節の構造とその機能 腕尺関節 腕橈関節 近位橈尺関節 肘の軟部組織の構造と機能 内側側副靭帯 外側側副靭帯複合体 橈骨神経 尺骨神経 関節包 滑液包 斜索 参考文献 肘の骨・関節の構造とその機能 肘は上腕骨、尺骨、橈骨により、腕尺関節、腕橈関…

仙腸関節の運動②

骨盤の運動 仙骨軸 傾斜軸 生理学的運動(前方運動固定/ニューテーション) 仙骨左捻転左傾斜軸 仙骨右捻転右傾斜軸 生理学的運動のまとめ 非生理学的運動(後方運動固定/カウンターニューテーション) 仙骨左捻転右傾斜軸 仙骨右捻転左傾斜軸 生理学的運動の…

仙腸関節の運動

骨盤の運動 仙腸運動 ニューテーション カウンターニューテーション 腸仙運動 前方回旋運動 後方回旋運動 恥骨結合運動 仙腸運動と腸仙運動の組み合わせ 両側の運動 前屈 両側の運動 後屈 仙骨の片側(一側)の運動 参考文献 骨盤の運動 基本的に、骨盤帯には3…

骨盤マルアライメント 治療

仙腸関節障害の治療の進め方 ①リアライン相 ②スタビライズ相 ③コーディネート相 治療技術 ①組織間リリース ②補装具療法 ③運動療法 ④筋機能向上トレーニング ⑤動作修正 参考文献 仙腸関節障害の治療の進め方 骨盤マルアライメントを伴う仙腸関節障害の治療を…

骨盤マルアライメント 評価方法と原因因子

骨盤マルアライメント ①骨盤マルアライメントの影響 ②寛骨対称性の評価 ③仙骨マルアライメント ④大殿筋・胸腰筋膜によるフォースクロージャー ⑤股関節の可動世紀制限とマルアライメント マルアライメントと原因因子 ①解剖学的因子 ②不安定性・関節弛緩性 ③滑…

仙腸関節機能障害の病態

仙腸関節機能障害の病態 組織損傷 症状 運動機能障害 防御反応 仙腸関節機能不全により生じる病態 骨盤輪不安定症 鼡径部痛症候群 鼡径管の病変 恥骨結合の病変 内転筋機能不全 病態分析・評価 ①問診 ②姿勢・移動動作観察 ③疼痛検査 ④基本動作による疼痛誘発…

肩関節上方支持組織の癒着

烏口肩峰アーチ下の拘縮 第2肩関節における烏口肩峰アーチ下の滑走障害 肩峰下圧と夜間痛 腱板疎部周辺の拘縮 上腕二頭筋長頭腱の周辺組織の損傷 上方支持組織の伸張テスト 肩関節の伸展可動域 第1肢位での外旋可動域 結帯動作 運動療法 腱板と肩峰下滑液包…

肩関節包靭帯の拘縮の評価方法

機能解剖 静的安定化機構の伸張肢位とその機能 上方構成体 下方構成体 前方構成体 前上方関節包・SGHL・CHL 前方関節包・MGHL 前下方関節包・AIGHL 後方構成体 後上方関節包 後方関節包 後下方関節包・PIGHL 肩関節包靭帯の評価方法 前上方関節包・SGHL・CHL…

小胸筋の圧痛好発部位と運動療法

機能解剖 臨床的特徴 圧痛好発部位 評価方法 運動療法 リラクセーションおよびストレッチング 治療法を選択する基準は? 機能解剖 小胸筋の作用は、肩甲骨の下制と前傾である さらに、菱形筋・肩甲挙筋との協調運動により肩甲骨の下方回旋に関与する 烏口突…

肩甲挙筋の圧痛好発部位と運動療法

機能解剖 臨床的特徴 圧痛好発部位 評価方法 運動療法 リラクセーションおよびストレッチング 治療法を選択する基準は? 機能解剖 肩甲挙筋の作用は肩甲骨の挙上である さらに大・小菱形筋、小胸筋との協調運動により、肩甲骨の下方回旋運動に関与する この…