野球×理学療法士

筋肉の仕組みや動きの仕組み・からだの仕組みなど、野球選手のためになる情報を、理学療法士の知識をフル活用して発信していきます!

野球に必要な2つの筋肉 下半身編

f:id:sakuraiku:20210218083446j:plain
今回は、私が考える、野球に必要な2つの筋肉、下半身編を共有していきます!

sakuraiku.hatenablog.com

野球での特徴的な動き

f:id:sakuraiku:20210218083600j:plain

 

投手・野手いずれにおいて共通する特徴的な動きとは、

  1. 軸足から踏み出しへ左右方向の重心移動の動き
  2. 足→膝→股→体幹→肩甲骨→肩→肘→手の順に連動した回転する動き
  3. 左右移動と回転のエネルギーをボールやバットに対して伝達させる動き
  4. 極短時間での瞬発的な動き

 

投手で大事なこと

  • 18.44m先のキャッチャーめがけてより速く
  • ストライクゾーン近くにコントロールする
  • フォーシームや変化球など様々な球種のボールを投げる

などの技術が要求されます。

 

打者で大事なこと

  • ボールがリリースされてから約0.44秒(球速140㎞/hの場合)の間にストライクかボールを見極める
  • スイングを開始し体のおよそ正面から前方でボールをバットの芯に当てる
  • フェアゾーンや野手のいない場所に打ち返す
  • 遠くへ飛ばす

などの技術が要求されます。

 

言葉にすると簡単そうにみえますが、非常に複雑で難しい技術であることがわかります。

 

野球に必要な2つの筋肉とは?

f:id:sakuraiku:20210218083707j:plain

ずばり、2つの筋肉は、腸腰筋大殿筋です。

 

腸腰筋がなぜ必要か?

  • 脊柱と大腿骨を連結しており、下半身のエネルギーを体幹に伝達する

 腸腰筋の作用は股関節屈曲で、野球の動きとは関係が薄いように思われる。しかし、内転筋群や後脛骨筋、長母指屈筋と連結しており、足→膝→股→体幹へとエネルギーの伝達をする重要な役割がある。

sakuraiku.hatenablog.com

 

  • 良い姿勢を保つ役割があり、全身の力を出しやすくしてくれる

 もう一つの作用に腰椎の前弯がある。腸腰筋がしっかりと働き、腰椎の生理的前弯を保つことで、腹部と背部のアウターマッスルがバランス良く機能することができる。仮に、腰が曲がり姿勢が崩れると、手足の筋出力は抑制されてしまう。そうならないよう、腸腰筋から体幹を安定させ、全身の力を100%出し切れる状態にすることがベストである。

sakuraiku.hatenablog.com

 

 

sakuraiku.hatenablog.com

 

大殿筋がなぜ必要か?

  • 骨盤と大腿骨を連結し、身体を前方や側方に動かす強力な筋肉である

 大殿筋の作用は股関節伸展である。走る、踏ん張るなど下肢を支える動作では非常に重要な筋肉である。良いピッチャーやバッターはお尻がデカい!というのは周知のことである。筋肉単独での体積は860㎤と身体のなかで一番大きい。すなわち、筋力も一番強いのである。下半身のエネルギーを上半身に伝達させる動きが特徴的なスポーツでは、大殿筋のトレーニングは必須である。

sakuraiku.hatenablog.com

 

  • 胸腰筋膜、広背筋と連結し、下半身のエネルギーを体幹に伝達する

 大殿筋は胸腰筋膜を介して広背筋に連結している。すなわち、下半身で作ったエネルギーを体幹に伝達することができる。また、胸腰筋膜は腹斜筋や腰方形筋など腹部周囲の多くの筋と連結をしている。大殿筋が作用することで、腹部の安定性をサポートする役割もある。

sakuraiku.hatenablog.com

 

 

sakuraiku.hatenablog.com