野球に必要な2つの筋肉 上半身編

f:id:sakuraiku:20201101084114j:plain

今回は、私が考える、野球に必要な2つの筋肉(上半身編)を共有していきます。

野球での特徴的な動き

f:id:sakuraiku:20201118211822j:plain

 

投手・野手いずれにおいて共通する特徴的な動きとは、

  1. 軸足から踏み出しへ左右方向の重心移動の動き
  2. 足→膝→股→体幹→肩甲骨→肩→肘→手の順に連動した回転する動き
  3. 左右移動と回転のエネルギーをボールやバットに対して伝達させる動き
  4. 極短時間での瞬発的な動き

 

 野球というスポーツは、投手では18.44m先のキャッチャーめがけてより速く、ストライクゾーン近くにコントロールされた、フォーシームや変化球など様々な球種のボールを投げる技術が要求されます。

 一方、打者ではボールがリリースされてから約0.44秒(球速140㎞/hの場合)の間にストライクかボールを見極め、スイングを開始し体のおよそ正面から前方でボールをバットの芯に当て、フェアゾーンや野手のいない場所に打ち返すもしくは遠くへ飛ばす技術が要求されます。

 言葉にすると簡単そうにみえますが、非常に複雑で難しい技術であることがわかります。

 

野球に必要な2つの筋肉とは?

f:id:sakuraiku:20201118212347j:plain

 

ずばり、2つの筋肉は、前鋸筋と広背筋です。

 

 まずは前鋸筋です。前鋸筋は肩甲骨と肋骨を連結している筋肉です。体幹の上に肩甲骨を安定させるためには欠かせない筋肉になります。先程書きましたように、野球の動作では下肢からの力を効率よく上肢に伝達することが重要になります。その中で、体幹と上肢を結ぶ重要な役割を果たしています。肩甲骨を背骨から遠ざかる方へ、上方へ向けることができるのが特徴です。また、肩甲骨は、手を動かす際の土台になります。手を動かしている方向と土台の方向が合っていることで、100%の力を発揮することができます。

sakuraiku.hatenablog.com

 

 

 次に、広背筋です。広背筋は上腕骨と体幹を連結している筋肉です。広背筋は上腕骨を後方へ動かすことが大きな特徴です。後方へ動かすという意味では野球の動きとの繋がりはあまりないと思います。ここで重要なのは上腕骨の動きではなく、体幹の筋を連動させることに大きな意味があります。広背筋は胸腰筋膜に連結しています。胸腰筋膜は腹斜筋や腰方形筋など腹部周囲の多くの筋と連結をしています。それにより、腹部の安定性を高める重要な役割を果たしています。また、大殿筋と連結をしており、下肢から体幹へ、力を伝達する助けをしてくれます。

sakuraiku.hatenablog.com