ピッチング 投球動作のタイプ

f:id:sakuraiku:20210711175852p:plain

 

                                

 

 

 

 

投球動作のタイプ別の特徴

投球動作のタイプの違いは体幹の傾きにある

  • 投球動作はオーバーハンド、スリークォーター、サイドハンド、アンダーハンドの4つのタイプに分けられる

 

  • ボールリリース時の体幹に対する投球腕の肘の位置によって分けられる 

 

f:id:sakuraiku:20210711180934p:plain

ピッチング動作の類型 (画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング) 

 

 

  •  オーバーハンドは肘の位置を肩よりも大きく上げて円直線からおよそ3/4の範囲内でリリースするタイプである

 

  • スリークォーターはオーバーハンドよりも肘の位置を下げておよそ3/4の位置でリリースするタイプである

 

  • サイドハンドは肘と肩の高さレベルがほぼ同じタイプである

 

  • アンダーハンドは肘の位置を肩よりも大きく下げてリリースするタイプである

 

  • 体幹が真っ直ぐで、投球腕だけが上下しているようにみえるが、いずれの投法も脇の開き具合(肩の外転角)はほぼ90°なので、タイプの違いは体幹の傾きにある

 

  • どのタイプでもボールリリースに向けて体幹の回転の勢いを投球腕に伝える必要がある

 

  • それを体幹の傾きで区別している

 

  • オーバーハンドでは体幹を非投球側に大きく傾けて回転させる

 

  • スリークォーターではそれよりやや小さく傾けて回転させる

 

  • サイドハンドではさらに小さく傾けて回転させる

 

  • アンダーハンドでは少し違って、前下に傾けてからそれを持ち上げるように回転させる

 

  • どのタイプもリリース時の肩外転角がほぼ90°といっても、リリースまでの体幹の動きがこのように違うと、肩や腕への影響は違うはずである

 

  • さらに、肩外転角は上腕を上げることと肩甲骨を上へ回転させることの足し算で成り立っているので、その違いも知っておきたい

 

アンダーハンドでは肩の前方、サイドハンドでは肘の内側にかかる力が大きい

投球動作のタイプによる肩甲骨位置の違い
  • 投球動作のタイプによって 、肩甲骨の動きがどう違うのかを調査すると、投球腕が最もしなったとき(肩の最大外旋時)には肩の外転角度に差はなかった

 

  • 肩甲骨の上への回転(上方回旋角)はサイドハンドやアンダーハンドに比べて、オーバーハンドで小さかった

 

  • しかし、リリースに向けてサイドハンドやアンダーハンドでは肩甲骨はそれほど大きく回転しなかったが、オーバーハンドでは大きく回転した

 

f:id:sakuraiku:20210711181032p:plain

加速期における肩甲上腕リズムの変化

(画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)  

 

 

  •  最大外旋時に回転が小さかったり、リリースに向けて大きく回転したりする理由や、そのことの影響については明らかではない

 

  • オーバーハンドで肩甲骨が大きく動くのであれば、ストレッチングやトレーニングでその動きをよくしておくことが求められる

 

投球動作のタイプによる最大外旋後の違い
  • オーバーハンドやスリークォーターと比べて、サイドハンドやアンダーハンドの動作がどのような特徴をもつのかを調べると、アンダーハンドの投手は投球腕側に体幹を傾け、サイドハンドの投手は体幹を比較的鉛直に保っていたという

 

  • この結果は先に述べた体幹の傾きの話と一致する

 

  • そして、投球腕を最大にしならせるまでの局面(最大外旋)で、肩の高さで投球腕を水平にすぼめる回転力(水平屈曲トルク)の最大値が、アンダーハンドで小さかったという

 

  • これは、体幹を前下に傾けることで重力の助けを借りられるので、投球腕があまり遅れなくて済むからだろう

 

  • さらに、しならせた後、投球腕を加速する局面において、アンダーハンドでは肩を75°より小さく外転させていたのに対して、サイドハンドでは肩(投球腕)を体幹と直角に保っていたという

 

  • アンダーハンドでは投球腕を絞り込む、サイドハンドでは投球腕を横に振るという実際のイメージ通りである

 

  • そしてここが重要だろうが、アンダーハンドでは肩の前にかかる最大の力が大きく、サイドハンドでは肘の内側にかかる最大の力が大きかったという

 

  • これらの力によって、障害とならないようにこれらのタイプの投手は身体の手入れをしっかりとすべきだろう

 

指導によってタイプ別の特徴が現れる

  •  オーバーハンドやスリークォーターの投手は多いので、そのタイプで通用しないとサイドハンドに変えるという指導者がいる

 

  • アンダーハンドよりは体幹の動きが似ているので、サイドハンドには変えやすい

 

  • 少ないタイプなので通用することも結構多い

 

  • これに比べると、そもそも両者の境界線が明らかではないので、オーバーハンドからスリークォーターへの変更は少ない

 

  • それぞれのタイプの特徴をとらえてこの変更を試みた調査があり、大学生投手2名にボールスピードの向上を目指してオーバーハンドからスリークォーターへとタイプの変更を試みた際に、技術指導の内容を以下の13項目とした

 

<ワインドアップ期>

1:両手の頭上への振りかぶりを増大させる

2:踏み出し脚の挙上を大きくする

 

<踏み出し期>

3:身体の沈み込みを大きくする

4:身体の投方向への押し出しを大きくする

5:非投球腕の水平面内の回転を大きくする

 

<加速期>

6:踏み出し期終了時の体幹の後傾を大きくする

7:踏み出し期終了時の肩外転90°位を保持する

8:踏み出し期終了時の肘屈曲90°位を保持する

9:肩外転90°位を保持する

10:体幹の前方捩りを大きくする

11:体幹の前傾を小さくする

12:リリース時の肘の挙上を抑える

13:リリース時の肘前方移動を抑える

 

  • 12項目のうち、2名に共通して認められた動作の改善項目は太字・アンダーラインの印をつけた7項目であった

 

  • そして、投球動作の変化を概観すると、非投球腕側と前へ体幹を傾けながら手を高くして投げおろす動作から、体幹をほぼ垂直に立てて捩りながら肘を横から前へ引き出す動作へと変化した

 

  • その結果、ボールスピードは速くなったという

 

投球動作のタイプにより優位となる動作がある

  • 投球動作の変化をもう少し詳しくみてみる

 

  • 鉛直軸まわりについて、投球腕の動く半径が長くなり、勢いも増した

 

  • 肩の内旋速度の最大値がリリース時に生じて、大きくもなった

 

  • 体幹および投球腕のボールスピードへの貢献を調べた結果、リリース時のボールスピードには肩の内旋速度が全体の34.1%で、最も大きく貢献したという

 

  • したがって、肩の内旋速度がおおきくなったことはボールスピードの増加に貢献したのだろう

 

  • 以上から、オーバーハンドは身体の縦回転および肘の伸展動作を優位に用いた投法、スリークォーターは横回転および肩の内旋動作を優位に用いた投法と考えられる 

 

 

f:id:sakuraiku:20210711181124p:plain

オーバーハンドスローとスリークオータースローにおける球速増大様式の相違仮説

(画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)  

 

 

 

 

ピッチング ステップ編の復習をしたい方はこちら

 ⇩

 

 

ピッチング 腕の振り編の復習をしたい方はこちら

 

 

 

参考文献

科学する野球 ピッチング&フィールディング (ベースボールマガジン 2016年10月25日 平野裕一)