ピッチング ステップ編

f:id:sakuraiku:20210703061130p:plain

 

                                

 

 

 

 

 

体幹を支える踏み出し脚

軸足の股と膝を曲げて地面を後ろに押す力をつくる

ステップの軌道からわかること
  • 投球すれば地面に足跡が残る

 

  • ステップの着地跡はステップの方向を知るのに用いられる

 

  • 一方、プレートの前にできる軸足の跡は投球方向への体重移動と腰の回転の様子を知るのに利用される

 

  • このうちの軸足の跡はスパイクの甲の部分で印されるが、それだけを見て投手の能力を診るという指導者もいる

 

  • 例えば、軸足の跡の直進部分が長いから、十分に体重移動できているので良い、あるいは直進から曲がる角度が直角に近いことから、よく腰を回転させているので良いとか、逆に、その角度が大きいと回転が鈍いので悪い、跡全体が斜めになっていると移動と回転がじゅうふくしているので悪い、などといったように診るのである 

 

  f:id:sakuraiku:20210704072834p:plain

野球のピッチングでの足跡

(画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)

 

地面を押す力
日本人大学生投手
  • 投球時に足で地面を押す力(反作用が地面反力)を測ると、軸足では体重の約0.5倍の力で後ろに押す
  • 踏み出し脚では体重の約1.5倍の力で前に押す

 

 

アメリカ人高校・大学生投手

  • 軸足では体重の約0.35倍の力で後ろに押す
  • 踏み出し脚では体重の約0.72倍の力で前に押す

 

 

 

  • それでも軸足での力はそれほど大きくないことから、軸足で地面を蹴るのではない

 

  • 投球方向へ身体を移動させるのである

 

  • 軸足では大きな筋力を発揮するけれども、脚を伸ばして身体を投球方向に大きな速度で押し出すというよりは、身体を支持してスムーズに下降させるような働きをしている

 

押し出す動きのタイプの違い
日本の投手
  • Drop and Drive type

 

  • 軸足の股と膝を曲げて身体を沈め(Drop)、その後伸ばして前に移動する(Drive)タイプが多い

 

 

アメリカの投手 

  • Tall and Fall type

 

  • 身体を高く保ったまま(Tall)、前に倒れ込んでいく(Fall)タイプが多い

 

軸足の股関節を伸ばす、そして引き付ける

ステップの意味
  • ステップをする意味はそこで生み出したエネルギーを体幹そして腕へ伝えて利用することにある

 

  • 流れるようなフォームには技術の高さを感じ、無駄な力が入っていない、しなやかなフォームといえる

 

  • こうしたしなやかさは、身体のある部分から隣の部分にエネルギーが適切に流れているおかげと解釈されている

 

エネルギーの流れ
  • エネルギーとは、仕事をする能力のことであり、このエネルギーが適切に流れれば、受け取った部分では余分な仕事をしなくてもエネルギーが増えて相応に動くので、無駄な力が入っていないと感じることになる

 

  • 投球動作では、踏み出し脚 ⇒ 体幹 ⇒ 上腕 ⇒ 前腕 ⇒ 手 ⇒ ボールという順でエネルギーがが大きくなる局面が現れる

 

  • ただ、先述したように軸足で地面を蹴っているわけではないので、踏み出し脚のエネルギーはそれほど大きいわけではない

 

  • 大きくなるのは、踏み出し脚を着地する局面での体幹の上部(上胴:肩と肋骨で囲まれた部分)からである

 

  • そして、この大きくなることには、主に軸脚の股関節を伸ばす、そして引き付ける(内転する)筋肉によってなされた仕事が効いている

 

  • そもそも、軸脚のもっていたエネルギーが流れるのではない

 

  • この仕事によって増えたエネルギーが体幹の下部(下胴:肋骨より下の腰を含む部分)を介して上胴へ流れているのである

 

  • そして、このエネルギーの流れが大きいほどボールスピードが速かったという

 

f:id:sakuraiku:20210704165338p:plain

体幹および投球腕書く部分の力学的エネルギーの変動

(画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)

 

踏み出した脚の膝や足首は固める

踏み出し脚のエネルギーの流れ
  •  もうひとつ重要なのは、踏み出し脚でのエネルギーの流れである

 

  • 腕を振る局面で、踏み出した脚で体幹をしっかり支えて、その股関節から下胴にエネルギーを流す

 

  • このエネルギーの流れが大きいほど、やはりボールスピードが速かったという

 

  • ボールスピードが速い投手と押尾投手の踏み出した脚の動きが比べられている

 

 

f:id:sakuraiku:20210704170654p:plain

踏み込み脚接地からリリースまでの股関節併進速度および踏み込み脚股関節に作用する関節力 (画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)

 

 

  • 図には股、膝、足首の関節が描かれていて、実践矢印は股関節に働く力を表し、点線矢印は股関節の速さと動く向きを表している

 

  • これをみると、ボールスピードが速い投手は首・膝が固定されていて股関節が上に動いている

 

  • 一方、遅い投手は膝が前に出ていて股関節が下がっている

 

 踏み出し脚の使い方
  • 踏み出し脚の膝や足首を固めることによってパフォーマンスが良くなることもある

 

  • 関節を固めることもまたひとつの技術と考えられて、スプリント走などで研究が進められている

 

  • スプリント走では、着地中に膝や足首の関節をバネのように使っていては時間をロスしてしまうし、腰をしっかり押せないということで、これらの関節を固めて使うように勧められている

 

  • バネを使って走ったほうが速いと考えるのが普通だが、膝や足首については固めて使うというのである

 

軸脚が踏み出し脚の動きをつくる

ステップの長さと向き
  • ステップの長さは伸張の約70~80%である

 

  • 外国人の投手と比べると日本人のほうが広い傾向にある

 

  • 軸脚で発揮する力が大きいから広くなるのである

 

  • そして、ステップは長さだけでなく、向きももちろん重要である 

 

  • オープンステップでは体幹が早く正面を向いてしまうことになる

 

  • これにはワインドアップで体幹が後ろに傾いてしまうことが影響していて、体幹の捻りが十分につくれずに投球スピードを速くできないだけでなく、肩や肘への負担になる

 

踏み出し脚の練習法
真下投げ
  • 踏み出し脚をしっかりついて投げられるようになる練習法として『真下投げ』が紹介されている

 

  • 真下投げとは、踏み出し脚のすぐ前にボールを叩きつける投げ方である

 

  • 当初は肩が痛い選手のフォーム矯正法として使われた

 

  • 普通に水平に投げるよりは、真下のほうが重力の影響を受け難いからである

 

  • それをマウンド上でやると、マウンドの傾斜もあって踏み出し脚をよりしっかりつけるようになって、投球スピードにも貢献するようになる

 

 

四股踏み

  • 投球動作において、軸脚は投球方向への体重移動、踏み込み脚はその支持である

 

  • そして、両脚とも股関節で発揮される回転力やパワーが非常に大きいことから、股関節の筋力を高めることや、股関節の動きを改善することがその役割のために重要である

 

  • 股関節周りの筋肉の働きは、まさしく投球動作のパワー源なのである

 

 

 

ピッチング ステップ編② を復習したい方はこちら

 

 

 

参考文献

科学する野球 ピッチング&フィールディング (ベースボールマガジン 2016年10月25日 平野裕一)