ピッチング 腕の振り

f:id:sakuraiku:20210706212931p:plain

 

                                

 

 

 

 

 

体幹の回転と腕の振り

体幹や肩のエネルギーを腕に流す

上肢の運動学
  • 投球動作の中で腕の振りは複雑な動きだけに注目を集める

 

  • 肩には4方向の動きがある

 

  • 腕を前に上げ下げする動き(屈曲・伸展)

 

  • 横に上げ下げする動き(外転・内転)

 

  • 水平に開いたり閉じたりする動き(水平屈曲・伸展)

 

  • 上腕の長軸まわりの回転(内旋・外旋)

 

  • かなり自由に動く分、動きの個人差は大きくなる

 

f:id:sakuraiku:20210708084417p:plain

肩関節運動の名称 (画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)  

 

 

  • 肩より先では4方向の動きがある

 

  •  肘の曲げ伸ばし(屈曲・伸展)

 

  • 肘から先の長軸周りの回転(前腕の回内・回外)

 

  • 手首の曲げ伸ばし(掌屈・背屈)

 

  • 親指、小指側への手の横の動き(撓屈・尺屈)

 

  • オーバーハンドスローでの腕の動きでは、肩の水平屈曲と内旋、肘の伸展、前腕の回内、手首の掌屈が主要な動作であり、いずれについてもその動きに先立って逆方向への動き、つまり水平伸展する

 

  • この逆方向の動きがあると、動く範囲は広がり、筋肉での伸張-短縮サイクル運動(SSC運動)にもなるので、その先の部分により多くの仕事ができることになる

 

エネルギーの源 
  • 先の部分に筋肉で仕事をすればその先の部分のエネルギーは増える

 

  • しかし、腕自体には仕事をするための筋肉はそれほど多くはない

 

  • 腕の各部分のもっているエネルギーを分析したところによると、ボールに伝えられるエネルギーの大部分は、体幹や肩の運動(筋肉)によって生み出されたエネルギーが関節や筋-腱を介して転移されるころによってもたらされている

 

  • うまく転移されてボールまでいきつくようにと、「しなやかに腕を振れ」と指導されるのである

 

体幹に沿って腕を挙げる

テイクバック
  • 体幹の運動によって生み出されたエネルギーがうまく転移されるためには、腕にうまく力が働くように、体幹に対する腕の位置が問題になる

 

  • 足を踏み出した時に、背中側に大きく肘を引いてテイクバックする(肩の水平伸展が42°よりも大きい)投手の75%は、ボールを加速するときにも過度な水平伸展位になってしまう

 

  • 踏み出し脚着地までに肩の内旋から外旋への切り替えが遅い投手ほど、背中側に大きく肘を引いてしまう傾向にある

 

  • 切り替えが遅いというのは、2塁にボールを見せるように前腕を内側に絞っておくが、それを戻すのが遅れるテイクバックである

 

  • 背中側に大きく肘を引いてテイクバックしてしまうと、体幹のエネルギーがうまく転移されないし、それでもボールを加速しようとするので、肩へのストレスが増加する

 

  • 体幹に沿って腕を挙げることがよい

 

体幹の動きを腕に転移させる
  • ボールリリース時、ボールスピード(100%)に身体のどの部分の動きが何%貢献したかを調べた

 

  • 主要な貢献を身体部位で表すと以下のようになる

 

  1. 肩の内旋運動         34.1%
  2. その他の腕の動きと体幹の動き 33%
  3. 手首の掌屈          17.7%
  4. 肘の伸展           15.2%

 

  • 肩の内旋、肘の伸展、手首の掌屈は主にたいかんからエネルギーが転移して生じているということであった

 

  • 無理にこれらの動きを担っている筋肉を働かせるのではない

 

  • 動きの中で関節と関節との間に働く力、押し合う力によってエネルギーが転移されるのである

 

腕を伸ばしてから肩を内旋させる

  • 腕の振りの中で、しゅとうとされる肩の内旋と肘の伸展の動きはどのような順序なのだろうか?

 

  • 子供のころに身に着けた投げ方をイメージすると、肘を伸ばしてボールをリリースするので肘の伸展が後のように思うが、実は、肘を伸展してから肩を内旋してリリースする

 

f:id:sakuraiku:20210708154555p:plain

肩の内外旋角度と肘の伸展角度との関係

(画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング) 

 

  • 図では、横軸に肘の伸展角度を、縦軸に肩の内外旋角度をとってある

 

  • 点線に0より上のプラスが内旋位で、下のマイナスが外旋位である

 

  • ただし、この「位」は位置のことで、動きとしては上に進めば内旋、下に進めば外旋になる

 

  • 踏み出し脚の着地時(SFC)をみると、ほぼ0度、、つまり腕相撲のスタート時のような上腕の角度である

 

  • その後、上腕とともに体幹を回転させるおかげで、肘から先が置いてきぼりになるように肩は外旋され、それが最大になる(MER)

 

  • そこまでの間、横軸の大きさでみればわかるように肘は曲がってから伸びていく

 

  • 体幹の回転を伝えやすいように前腕やボールを一度体幹に近づけているのである

 

  • 最大の外旋時(MER)には、肘は約130°にまで伸びつつある

 

  • そこからさらに伸びていって、肩の内旋しながらボールリリース(REL)を迎える

 

  • 〇の間隔は0.005秒であり、〇が離れているほど動きが速いことになる

 

  • 肘の伸展が速いのはMERの後、肩の内旋が速いのはREL直後である

 

  • 肘の伸展が先で、肩の内旋は後というのがわかる

 

  • 腕の振りは速いので実際に投げるときにこの順序を意識するのではなく、ゆっくり腕の振りを練習するときに意識したい

 

手首では親指側から書士側に斜めに掌を曲げる

  • 上腕とともに体幹を回転させるおかげで肩が外旋される

 

  • この時、肘が下がっていると肩は外旋し難い

 

  • 体幹の回転が伝わると窮屈なので、余分なストレスが肘の内側にかかって故障の原因にもなる

 

  • 逆に肘が上がり過ぎていても外旋し難い

 

  • 体幹の回転が伝わらずに腕がしならない

 

  • その後のボールスピードにとって重要な内旋が十分にできないことにもなる

 

  • つまり、「脇を90°ぐらいに保て」と指導される理由はここにある

 

  • 手首付近の動きも眺めておこう

 

  • ボールリリースに向けて、前腕の回外から回内させる動きがある

 

  • この動き自体は前腕の長軸まわりの回転なので、ボールスピードにそれほど貢献しないが、肩を内旋させる力を手先やボールへ伝える重要な役割を担っている

 

  • この回内させる動きのおかげで手首では親指側から小指側に斜めに掌を曲げることになる

 

  • 掌は伸びている、そして親指側に傾いている状態からボールリリース時になると、小指側に傾いて、その曲げは「真っ直ぐ」になる直前となる

 

 

 

 ピッチング ステップ編の復習をしたい方はこちら

 ⇩

 

 

 

 

参考文献

科学する野球 ピッチング&フィールディング (ベースボールマガジン 2016年10月25日 平野裕一)