中殿筋と骨盤の関係

f:id:sakuraiku:20211123071945p:plain


                                    

 

 

 

 

 

 

中殿筋の解剖学

起始

  • 腸骨の外表面 (腸骨稜の下:前殿筋線と後殿筋線の間)

 

 

停止

  • 大腿骨大転子の外側表面上の斜走隆線

 

 

作用

  • 上部線維:①股関節外旋 ②股関節外転の補助

 

  • 中部線維:①股関節内旋 ②股関節屈曲の補助

 

  • 下部線維:①股関節外旋 ②股関節伸展

 

 

支配神経

  • 上殿神経 (L4、L5、S1)

 

 

『中殿筋の起始停止や神経支配』について復習したい方はコチラ

⇩⇩⇩

 

 

中殿筋の機能

  • 片脚立位を行うとき、外側スリング機構を活性化させる

 

  • この機構は同側の中殿筋、小殿筋、内転筋群と対側の腰方形筋で構成されている

 

  • 中殿筋の潜在的な弱化は、おそらく代償による他の筋の過活動が生じている

 

  • 特に、中殿筋の後部線維が弱化している患者は、内転筋群と大腿筋膜張筋と接続している腸脛靭帯が過活動している傾向にある

 

  • また、中殿筋後部線維が弱いことが示唆されている場合は、梨状筋は過活動的となる

 

  • 中殿筋は、骨盤の動的安定性にとって重要な筋の考えられている

 

  • 例えば、中殿筋の弱さのために骨盤帯の動的安定性が悪くなっている患者は、ストライド長を短くする傾向がある

 

  • これは、患部をより引きずっているようなパターンを採用することによって、踵接地時の床反力を低減し、骨盤姿勢を維持するために必要な筋肉制御量を減少させている

 

 

中殿筋の評価

評価の必要性

  • 膝関節や下部腰椎、骨盤に疼痛を有している患者を診る時は、評価の過程の一部として殿筋群(特に中殿筋)の強さを確認する

 

  • 中殿筋と大殿筋の機能的役割と骨盤帯との関係の説明だけでなく、股関節外転筋群や股関節伸筋群の正確な発火順序を決定するために使用される、股関節外転・伸展発火パターン検査についても含める

 

  • 中殿筋および大殿筋は、腰椎・骨盤帯・下肢・上肢の領域に疼痛を認める患者やアスリートに対して評価される必要がある

 

  • ランニングに関する下肢ならびに体幹のオーバーユース障害を抱えるアスリートは多く、それらの大半は中殿筋または大殿筋(もしくは両方)機能が不良である

 

  • 特に、ランニングのようなスポーツにおいて、中殿筋や大殿筋の強さと制御が生体力学的に効率的なパターンを達成するうえで、おそらくもっとも重要な要素である

 

 

解剖学的構造について

  • 中殿筋は腸骨稜の全長、腸骨外側(後殿筋線と前殿筋線の間)、殿筋筋膜、大腿筋膜張筋の後部境界、上層の腸脛靭帯に付着する

 

  • 中殿筋は3つの部分(前部・中部・後部)にはっきりと分割されており、集合的に大腿骨の大転子に巻き込みながら入り込み、広い結合腱を形成する

 

  • 中殿筋のより垂直な前部および中間部分は、より水平な後部部分よりも股関節を外転するためにより良い位置にあるようにみえる

 

  • 中殿筋はその構造の中に前部線維と後部線維を含んでいるが、後部線維は大殿筋と連携して働き、特にこれらの2つの筋は股関節位置を外旋位に制御し、歩行が開始されると股関節・膝関節・足関節を整列させるのに役立つ

 

  • 歩行を観察すると、初期接地における左下肢への荷重時に、中殿筋は下肢に作用する安定機構に部分的に関与し、下肢の全体的なアライメント調整を助ける

 

  • 立脚期における左中殿筋の収縮は、部分的に股関節外転を許容する原因となる

 

  • 左の中殿筋が収縮しているのにもかかわらず、右股関節におけるヒッチングタイプと考えてほしい

 

  • 股関節の右側は、左側より少し上に持ち上がるように見える

 

  • このプロセスは、右足が床から少し離れて持ち上げることを可能にし、歩行周期の遊脚期の間に右脚のスイング運動を自然に許容するので、非常に重要である

 

  • 左の中殿筋に何らかの弱さがある場合、身体は歩行サイクルの間に2つの方法のうち1つで応答する

 

  • 1つは立脚側の反対側の骨盤が下降するトレンデレンブルグ歩行、もしくは代償性トレンデレンブルグ歩行となり、体幹全体を過度に弱い股関節側にシフトさせることが観察される

 

 

 

 

 

  • 中殿筋の弱化は骨盤帯と腰椎の全体的な安定性に影響を与えるだけでなく、踵接地から立脚中期までの運動連鎖全体に影響を与える

 

 

中殿筋の弱化による影響

  • 中殿筋の弱化によって次のようなことが引き起こされる

 

  1. トレンデレンブルグ歩行
  2. 腰椎の症状と仙骨の捻転
  3. 対側腰方形筋の過緊張
  4. 同側の梨状筋、大腿筋膜張筋、腸脛靭帯の過緊張
  5. 大腿骨の過度の内転および内旋
  6. 膝の外反もしくは内反位への逃避
  7. 膝蓋骨のマルトラッキング症候群
  8. 足部の位置に対する脛骨の内旋
  9. 脚の内側への体重移動の増加
  10. 距骨下関節の過度な回内

 

 

  • 上記の中殿筋の機能弱化の結果によるリストから分かるように、アスリートもしくは患者は、潜在的なトレンデレンブルグ歩行による腰椎の側屈もしくは回旋尾増加によって、何かしらの形で引き起こされるスポーツに関連した障害の継続的なリスクがある

 

  • さらに、運動連鎖による他の生体力学的作用によっても影響を受ける

 

  • 腰椎の回旋を伴った側屈運動が増加すると、その後、仙骨を回旋させ、腰椎の運動を反対側に側屈する

 

  • その結果、前方仙骨捻転が存在する可能性がある

 

  • 中殿筋の弱化は、膝蓋大腿痛症候群、シンスプリント、足底筋膜炎、アキレス腱炎などの状態に至り、さらには距骨下関節の長期間の過回内も引き起こす可能性がある

 

 

『シンスプリント』について復習したい方はコチラ

⇩⇩⇩

 

『アキレス腱断裂・アキレス腱炎』について復習したい方はコチラ

⇩⇩⇩


 

 

 

 

 

『姿勢』に関する復習をしたい方はコチラ

⇩⇩⇩

 

 

 

 

参考文献

骨盤と仙腸関節の機能解剖 骨盤帯を整えるリアラインアプローチ(医道の日本社 John Gibbons)