肘下がり

f:id:sakuraiku:20211103063253p:plain



 
 
                      

 

 

 

 

肘下がりとは?

 

肘下がりとは、字のごとく投げる時に肘が下がってしまうことを言います。

どこの位置に対して肘が下がっているのでしょうか?

 

SSE(Shoulder - Shoulder - Elbow)ライン両肩と肘を結んだラインに対して、肘が下がってしまいます。

 

 

f:id:sakuraiku:20211103072710p:plain

画像引用:「肘を上げろ」とは?菅野智之のフォームから学ぶ、肘の高さの2つの基準 | VICTORY

 

 

では、肘が下がると何が良くないのでしょうか?

 

 

肘が上がる(SSEラインが揃う)ことによる2つのメリット

1.強い球が投げられるようになる、球速が上がる

 

ひとつ目のメリットとして、強い球が投げられるようになる球速が上がることが考えられます。

 

その理由として、ピッチングは全身を使った回転運動であることがポイントになります。

 

 

 

 

脚を踏み出し、横移動するエネルギーを股関節から体幹へ回転するエネルギーに変換し、そのエネルギーをいかにボールに伝えられるかが重要になります。

 

体幹の回転エネルギーをボールに伝える時、上肢の真ん中にある肘が曲がってしまうとエネルギーが効率よく伝達されなくなってしまいますよね。

 

 

SSEラインが揃うことで、エネルギーをしっかりとボールに伝達することができ、力強い球や速い球を投げられるようになります。

 

 

 

2.怪我の予防になる

 

ふたつ目のメリットとして、怪我の予防につながります。

 

 

SSEラインが揃うことで、肩関節はゼロポジションになります。

(※ゼロポジションの詳細については別の機会に解説していきます。)

 

ゼロポジションになると、肩関節のインナーマッスルを偏りなく均等に使うことができます。

 

 

それにより、局所の筋肉に負担をかけすぎないことで怪我のリスクを減らすことができます。

 

 

 

プロ野球選手の肘の位置

 

f:id:sakuraiku:20211103064955p:plain

画像引用:菅野智之 - Wikipedia

 

 

 

f:id:sakuraiku:20211103070229p:plain画像引用:“黄金ルーキー”奥川恭伸がシーズン最終戦で一軍デビュー。2回5失点9安打とプロの洗礼を浴びる | THE DIGEST

 

 

 

f:id:sakuraiku:20211103070000p:plain

画像引用:<ロ・西>初回、マウンドに上がった佐々木朗 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

 

 

一流の選手はSSEラインの形がとても綺麗ですね!

 

それでいて、上肢の力感がまったくなく、全身を使って投げている感じがわかります!

 

 

少し話が脱線しますが、SSEラインが揃うことはもちろん、その角度は選手によって違いがあると思います。

 

角度が大きくなり、より高い位置でリリースできることで球速が上がる可能性が考えられます。

位置エネルギーが高いほうが、ボールに伝達できるエネルギーも高くなりますからね。