マッスルエナジーテクニック

f:id:sakuraiku:20211018072430p:plain


                                    

 

 

 

 

 

 

マッスルエナジーテクニックとは?

  • マッスルエナジーテクニックは、正確に制御された位置から、特定の方向に、遠位に加えられた圧力に対して、患者の筋が必要に応じて積極的に使用される、オステオパシーの診断および治療の一形態である

 

  • マッスルエナジーテクニックは患者が最初に労力を提供し、施術者はプロセスを促進するだけであり、その適用方法は独特である

 

  • 主要な力は患者の筋の収縮を用いて、そのときにある筋骨格機能異常を矯正するために利用される

 

  • マッスルエナジーテクニックにおける筋収縮は制御された位置で行われ、施術者によって遠位に加えられた患者の筋収縮に対する反力である

 

  • そのため、この治療法は一般的に間接法でなく直接法テクニックとして分類される

 

 

 

マッスルエナジーテクニックの利点

  • マッスルエナジーテクニックの利点のひとつは可動域を正常化することである

 

  • 患者が頚椎を右に回旋できず、左に回旋できる限り、患者は頚椎の右回旋制限を有しているということである

 

  • 頚椎の正常な回旋可動域は80°だが、患者は70°しか右回旋できないとする

 

  • ここがマッスルエナジーテクニックを用いる部位である

 

  • 硬くて制限のある筋にマッスルエナジーテクニックを使用した後、80°まで回旋できるようになるだろう

 

  • 使用されるマッスルエナジーテクニックのタイプおよび状況に応じて、この治療の目的は以下を含むことができる

 

  1. 過緊張な筋における正常な筋緊張への回復
  2. 弱い筋の強化
  3. その後のストレッチのための筋の準備
  4. 関節可動性の改善

 

過緊張な筋における正常な筋緊張への回復

  • マッスルエナジーテクニックの簡単なプロセスを通して、過緊張で短縮した筋を弛緩させようと試みる

 

  • もし関節可動域が制限されていると考えると、過緊張な組織の最初の評価を通じて、組織を正常化させるためにテクニックを使用できる

 

  • 特定のタイプのマッサージ療法はこのリラクゼーション効果を達成するのにも役立ち、また一般的にマッスルエナジーテクニックはマッサージ療法と併用できる

 

筋力低下がある筋の強化

  • 患者は筋の伸張家庭の前に収縮するよう指示されることがあり、マッスルエナジーテクニックは弱い筋または弛緩した筋の強化に使用することができる

 

  • 筋力低下している筋を収縮するよう患者に指示することで、マッスルエナジーテクニックを調整する

 

  • マッスルエナジーテクニックでは、治療家によって加えられた抵抗に対して、筋を収縮させるタイミングは変えることができる

 

  • 例えば、最大能力の約20~30%を5~15秒発揮する抵抗運動するよう患者に指示する

 

  • その後、反復の間に10~15秒休息し、その過程を5~8回繰り返すように指示する

 

  • この過程により、患者のパフォーマンスは時間とともに顕著に改善される

 

その後のストレッチのための筋の準備

  • 患者の柔軟性を正常よりも改善させたい場合は、より積極的なマッスルエナジーテクニックアプローチが必要となる

 

  • 実際には、患者の筋の能力の標準的な10~20%よりも少し強く収縮するよう指示する形で達成される

 

  • 例えば、私たちは40~70%の筋力を発揮して収縮するよう患者に指示する

 

  • この強い収縮は、ゴルジ腱器官への刺激を増加させ、より多くの運動単位を発火させる

 

  • これは筋をよりリラックスさせる効果を持ち、さらに伸張させることを可能にする

 

関節可動性の改善

  • マッスルエナジーテクニックを正しく用いた時、最初は筋をリラックスさせることが、関節の可動性を改善するための最良の手段の一つとなる

 

  • マッスルエナジーテクニックの重要なポイントは患者に筋を収縮させることである

 

  • その後、弛緩期間が生じ、特定の関節内でより大きな関節可動域を達成することが可能になる

 

マッスルエナジーテクニックの生理作用

  • マッスルエナジーテクニックには2つの主な効果があり、これらを2つの異なる生理学的プロセスに基づいて説明する

 

等尺性収縮後弛緩 (PIR:Post Isometric Relaxation)

相反抑制 (RI:Reciprocal Inhabition)

 

  • PIRおよびRIの主要な過程について議論する前に、ストレッチ反射に関与する2種類の受容体について検討する必要がある

 

 

筋線維の長さにおける、変化および変化の速度に敏感である筋紡錘

長時間の張力の変化を検出するゴルジ腱器官

 

 

  • 筋をストレッチすることは、筋紡錘から脊髄後角細胞に伝達されるインパルスの増加を引き起こす

 

  • 次に、前角細胞は筋線維への運動インパルスの増加を伝達し、伸張に抵抗するための保護的な緊張を生成する

 

  • しかし、数秒後に増加した伸張はゴルジ腱器官内で感知され、後角細胞にインパルスを伝える

 

  • これらのインパルスは、前角細胞における運動刺激の増改に対する抑制効果を有する

 

  • この抑制効果は、運動インパルスの減少および結果としてリラクゼーションを引き起こす

 

  • これは、ゴルジ腱器官の保護的な弛緩が筋紡錘による保護的な収縮を無効にするため、筋の長時間の伸張が伸張能力を増加させることを意味する

 

  • しかし、筋紡錘の速い伸張は筋の収縮を即自的に引き起こし、持続しないため、抑制作用はない

 

  • これは基本的な反射弓として知られている

 

 

f:id:sakuraiku:20211018095542p:plain

伸張反射弓:筋紡錘を活性化するため素早い手による伸張

画像引用:骨盤と仙腸関節の機能解剖 骨盤帯を整えるリアラインアプローチ

 

 

  • PIRは、等尺性収縮が持続されたとき、脊髄を介して筋自体への神経学的フィードバックから生じ、そして収縮した筋の緊張低下を引き起こす

 

  • この緊張の減少はおよそ20~25秒続き、この弛緩期間の間に組織を新しい安静時長までより容易に動かすことができるため、関節可動域を改善させる完璧な機会を得ることができる

 

  • RIを使用するとき、緊張の減少は筋の収縮に対する拮抗筋の生理学的抑制効果に依存する

 

  • 主動作筋を収縮させる運動ニューロンが求心性経路から興奮性インパルスを受ける時、反対の拮抗筋の運動ニューロンは同時に抑制インパルスを受け、拮抗筋の収縮を妨げる

 

  • つまり、主動作筋の収縮または伸張は、拮抗筋を弛緩または抑制を誘発しなければならないことになる

 

  • しかしながら、主動作筋の素早い伸張は同じ主動作筋の収縮を促進する

 

 

f:id:sakuraiku:20211018100301p:plain

等尺性収縮後弛緩

画像引用:骨盤と仙腸関節の機能解剖 骨盤帯を整えるリアラインアプローチ

 

 

  • マッスルエナジーテクニックのほとんどの応用において、最終域感を感じる位置、または、その位置のわずか手前はマッスルエナジーテクニックを実行するのに望ましいポジションである

 

  • 明らかに、マッスルエナジーテクニック他のテクニックと比較して非常に軽いストレッチなので、その使用はリハビリてーよんにおいてより適切である

 

  • また、筋の短縮を伴うほとんどの問題は姿勢筋におこることに留意すべきである

 

  • これらの筋は主に遅筋線維で構成されているので、より軽いストレッチの形態が適切である

 

 

 

 

 

 

参考文献

骨盤と仙腸関節の機能解剖 骨盤帯を整えるリアラインアプローチ(医道の日本社 John Gibbons)