バッティング 流し打ち

f:id:sakuraiku:20210819092110p:plain



 
                       

 

 

 

 

流し打ちでのコースと高さの処理

流し打ちでは肘を伸ばさず、手首を速めに効かせる

  • 最初に調べられたのは、内外角のコースに対する打撃ではなく、引っ張り内と流し打ちの動作の違いだった

 

  • どちらにするかをあらかじめ指示してピッチングマシーンからのボール、つまり同じようなコースのボールを打ってもらい、その動作の違いが調べられた

 

  • 打者の動作を上から撮影して、右打者の左肩・左ひじ・左手首・左中指、そして「バットの先端の動きが比べられたのである

 

  • その結果、流し打ちのほうが肘を伸ばす量が少なく、手首を早めに聞かせることでインパクトでの適切なバットの角度をつくっていたという

 

  • そのおかげで、インパクトは捕手よりになり、スイング時間は短かったものの、バットスピード自体は引っ張り打ちと変わらなかったという

 

  • 同じようなコースのボールであれば、スイング軌道やスイング時間が短くても流し打ちのバットスピードを引っ張り打ちと同じように早くできる、ということである

 

  • 引っ張り打ちのほうが身体の回転を使えるし、ヘッドも効かせられるので、バットスピードを速くできると思いがちであるが、腕を動かす向きと手首を使うタイミングによって流し打ちでも同じようなバットスピードをつくれる、ということである

 

 

流し打ちでは肩や腰の回転が少ない

  • 次に、ティーを置いて打たせると、どのような動作になるか調査した結果がある

 

  • 外角流し打ちでは、スイング開始以降インパクトまでの時間が短かったという

 

  • 打球スピードに内外角で大きな差はなかったという

 

  • 動作については、外角流し打ちでは、踏み出した足が地面に着いて以降の肩の回転が小さく、スイング開始以降の腰の回転も小さかったという

 

  • これは、肩や腰の回転を抑えて、身体の向きを流し打ちの向きにしたからである

 

  • スイングでは、左肘をより大きく伸ばして、インパクトでは左脇の開き(左肩の外転)が小さかったという

 

  • これは、外角のポイントが身体の前方向(腹方向)遠くにあるから、バットをそこへ運ぶために肘を大きく伸ばしたし、脇をしめておいたのである

 

  • 一方、内角引っ張り打ちでは、踏み出した足先が地面に着いて以降の肩の回転が大きく、スイング中には踏み出した足首が伸びて、インパクトになると肩と腰の回転が大きく、踏み出した足首と膝の伸びも大きかったという

 

  • これは、内角のインパクト位置へバットを出すために、肩を回してそして踏み出した足を延ばして身体を後ろに下げたためである

 

流し打ちでは押し腕の脇が絞られ、グリップが走る

  • その次には、試合での外角のコースを流し打ちした動作、しかもヘッドスピードを速くするための動作が調べられた

 

  • ヘッドスピードの速い打者の特徴は、時間経過とともに以下のように記されている

 

  1. 踏み出し脚の着地において、身体重心を左右の足にバランスよく乗せ、懐の深い姿勢をとっていた
  2. 右わきを閉めたままスイングを行っていた
  3. スイング中、バットが水平、後向きになった時、投手方向へのグリップ速度を大きくしていた
  4. インパクトに向けて、軸足の蹴り(足底屈)と肩の回転を大きくしていた

 

バットヘッドを下げて、バットの上にボールを当てる

  • 最後に、流し打ちをするときのバットの動きを確認する

 

  • どうして流し打ちが可能になるかを調査した報告がある

 

  • インパクト時に水平面内のバット角度が流す方向に向いていることだけでなく、鉛直面内のバット角度(ヘッドの下がり具合)とボールが当たる位置によっても流す方向は影響を受けていたという

 

  • ホームベース中心から18.9㎝外角のボールを大学生選手に流し打ってもらった

 

  • そのうち飛距離が40m以上、右中間からファールライン付近の範囲に打球が放たれた場合のバットの動きが調べられた

 

  • インパクト時の水平面内のバット角度、鉛直面内のバット角度(ヘッドの下がり具合)、バットの上下方向についてのボールが当たる位置を計測した

 

  • すると、大半の流し打ちではインパクト時の水平面内のバット角度はマイナス、つまり流す方向に向いていたのだが、引っ張り方向に向いている場合もあったという

 

  • 方、鉛直面内のバット角度はすべてプラス、つまりグリップよりヘッドが下がった状態でインパクトしていた

 

  • このうち、水平面内のバット角度が引っ張り方向に向いている場合は、この下がり具合が大きく、バットの上のほうにボールが当たっていたという

 

  • 見方を変えると、バットのヘッドがやや大きく下がって、バットの上のほうにボールが当たれば、バットが引っ張り方向に向いていても流し打ち方向に打球はいくということである

 

  • ただし、その場合の打球の強さについては明らかではない

 

  • こうしてみてくると、流し打ちの場合、まず肩と腰の回転を流す向きへ調節して、それぞれの脇を締めて腕を流す方向に動かし、手首を早めに効かせて、バットを流す向きに走らせるということになる

 

 

 

 

 バッティングシリーズの復習をしたい方はこちら

 

 

 

 

参考文献

科学する野球 バッティング&ベースランニング (ベースボールマガジン 2016年12月25日 平野裕一)