ピッチング グラブの動き

f:id:sakuraiku:20210722064256p:plain

 



 
                      

 

 

 

 

グラブハンドの動きはボールスピードに貢献している

グラブを体幹に近づけて回転させる
  • 投球腕を振るまでのこととしてもうひとつ、非投球腕(グラブハンド)の役割を考えておきたい

 

  • 細かい動かし方は置いといて、踏み出し足を着地する前にグラブハンドを打者のほうへ伸ばし、身体を回転させる時には小さく畳んでグラブを体幹に近づける

 

  • こうすることで素早く体幹を回転でき、ボールスピードに貢献すると考えられている

 

  • テニスのサービスでも、ラケットを持っていない腕を伸ばしておいて、その後素早く引き付けることがラケットのスイングスピードに貢献するといわれている

 

グラブハンドを固定すると体幹の捩りが減ってしまう
  • グラブハンドの動きが体幹や投球腕の動きにどう貢献しているかをもう少し実験的に調べた

 

  • そのためにゴムバンドでグラブハンドを体幹にピッタリ固定して投げてもらい、普通に投げた場合と比較した

 

  • 上胴や腰の回転、そのズレである体幹の捩り、肩や肘の動き、ボールスピードなどを比較した

 

 

f:id:sakuraiku:20210722070252p:plain

グラブハンドを固定した場合と通常の場合での投球動作時における上胴・腰・体幹の捩りの角度の比較 (画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)   

 

 

  • 画像が結果の一部であるが、横軸は時間経過がとってあり、「0」でボールリリース、「 a 」は体幹の捩りが最大、「 b 」は踏み出し足着地、「 c 」は腕のしなり最大(肩の最大外旋)である

 

  • 細かい縦の破線がグラブハンドを固定して投げた場合で、太い縦の破線が普通に投げた場合である

 

  • したがって、固定した場合のほうが a・b・c は早く現れていたことになる

 

  • 一方、縦軸は上から上胴の角度、腰の角度、体幹の捩りの大きさで、細い線が固定して投げた場合、太い線が普通に投げた場合である

 

  • グラブハンドを固定した場合には、踏み出し足の着地時に上胴がより打者のほうへ向いてしまい、体幹の捩りが減ったことがわかる

 

  • これは、体幹の長軸まわりに上胴と投球腕を回しやすくなったからであろう

 

  • そのおかげで、肩の内旋と肘の伸展のスピードが遅くなり、ボールスピードが遅くなった

 

  • こうした結果から推測すると、グラブハンドは上胴を回り難くして体幹に捩りをつくり、いざ上胴を回す局面になったら小さく畳んで上胴を回しやすくする

 

  • その結果、肩の外旋が大きくなって、その後の肘の伸展と肩の内旋スピードが速くなる

 

  • それでボールスピードに貢献しているといえる

 

 

 

 

 

『ピッチング ステップ編』の復習をしたい方はこちら

 ⇩

 

 

『ピッチング 腕の振り編』の復習をしたい方はこちら

 

 

『ピッチング 投球動作のタイプ編』の復習をしたい方はこちら

 

 

『ピッチング コントロール編』の復習をしたい方はこちら


 

『ピッチング ボールリリース編』の復習をしたい方はこちら

 

 

『ピッチング 脚と腕のマッチング編』の復習をしたい方はこちら

 

 

『ピッチング 遠投とスピード・トレーニング編』の復習をしたい方はこちら

 

 

『ピッチング ボールスピン編』の復習をしたい方はこちら

 

 

 

 

参考文献

科学する野球 ピッチング&フィールディング (ベースボールマガジン 2016年10月25日 平野裕一)