ピッチング 脚と腕のマッチング

f:id:sakuraiku:20210715064958p:plain

 

                                

 

 

 

 

 

脚と腕のマッチング

子供は腕の振りが重心移動より遅れがちになる

脚からのエネルギーを腕にマッチングさせることが重要
  • 投げたり、打ったりではエネルギーを主として生み出すのは脚、それを使うのは腕である

 

  • したがって、よりよく使うために両者の動きのマッチングあ重要なはずである

 

  • 打撃動作の指導では、脚によって投手方向へ体重を移動させたときにバットが置いてきぼりになることがある

 

  •  そうなると、いざ身体を回転させると腕にその勢いが伝わらず、身体の前にバットが出てこなくて困ることがある

 

  • 投球動作では一方の腕だけでボールを投げるので、身体の勢いを伝えるためのマッチングはさらに重要なはずである

 

  • 腕にエネルギーを伝えるため、力を込めるためにはそうしたいときに腕がどこにあれば良いのか?

 

  • わかりやすい局面でみると、脚を踏み出した時に腕がどこにあれば良いのか?

 

身体重心の移動スピードと右手のスピード
  • プロの投手とリトルリーグの投手を対象に、投手方向への身体重心の移動スピードと右手のスピードを重ねて比べた調査がある

 

  • 画像の横軸は時間経過で、踏み出し脚の着地とボールリリース時のフォームを描いている

 

  • 縦軸はスピードで、● が身体重心、〇 が右手であり、● の重心移動のスピードは主に脚の動きで、踏み出したころに最も速くなって、リリースに向けて遅くなった

 

 

f:id:sakuraiku:20210715064351p:plain

身体重心の移動スピードと右手のスピード

(画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)   

 

 

  • 踏み出し脚を着いて踏ん張るのだから当然そのようになるわけで、プロもリトルリーグの投手も同じような変化だった

 

  • しかし、それに対する 〇 の右手は両者で随分スピードの様子が違った

 

  • ボールリリースのほうから遡るとわかりやすいが、リトルリーグの投手腕の振りは、重心移動に対して遅れていたので慌ただしくなっていたのである

 

 

軸脚に体重を乗せているうちに腕をテイクバックする

腕を振るのではなく、引きずる
  • もう少し詳しくみると、踏み出し脚を着地する前にプロの投手は右手のスピードがマイナスになっていたのに対して、リトルリーグの投手ではそうなっていなかった

 

  • 軸脚に体重を乗せているうちに腕をテイクバックすれば右手のスピードはマイナスになる

 

  • リトルリーグの投手は重心移動のスピードより右手のスピードが遅くなってはいるが、マイナスになるほどではなかった

 

  • 移動に引きずられるように腕が動いていってしまっていたのである

 

  • 次に、踏み出した後に右手は前に振られるが、右耳の近くでその振りが一度遅くなる局面がある

 

  • 〇 の右手のスピードが遅くなっている局面だが、そこでもプロの投手は重心移動のスピードよりも右手のスピードが遅くなっていたが、リトルリーグの投手はそうならなかった

 

  • ここでも移動に腕が引きずられていたのである

 

バネを引き伸ばして縮めるように動かす
  • リトルリーグの投手にみられたこれらの動きのマッチングは、本来バネを引き伸ばして縮めるように使う筋肉がうまく働けなくなってしまい、結果として大きなエネルギーを発揮できなくなってしまうのである

 

  • 軸脚に体重を乗せているうちに腕をテイクバックして、踏み出した後に一度右手を遅くしてからボールを加速したい

 

  • もちろん適度な引き伸ばしであって、置いてきぼりでは困る

 

  • プロの投手は踏み出し脚の着地でやや早く腕が挙がっていたとみなせる

 

  • 子供は軸足でバランスをとるのがあまり得意でなく、ボールは相対的に大きく重いので、腕の振りが遅れてマッチングが悪くなりやすい、ということである

 

わかりやすいポイントでマッチングを確認する

踏み出し足裏全体を着地したころに腕の力を入れる
  • 野球経験のない大学生9人に投球動作を指導した研究がある

 

  • 1日に1時間半~2時間、週2日、約1年間指導した

 

  • 指導のポイントは以下の順で行った

 

  1. 大きな動作(脚の引き上げ、腕のスイング)で投球する
  2. 軸脚から踏み出し脚へと体重移動して投球する
  3. 上腕-前腕-手とスムーズに動かして投球する

 

  • そして、その効果を脚と腕のマッチングから調査した

 

  • 画像は、横軸は時間経過を表している

 

( a ) 棒グラフの左端:ボールを最も後方へ引いた距離
( b ) 0       :踏み出し足裏全体を着地したとき
( c ) 棒グラフの右端:ボールリリース時

 

f:id:sakuraiku:20210715064507p:plain

トレーニング前後の手の指先の移動所要時間

 (画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)   

 

 

  • 参加した大学生9人それぞれがT1~T9、熟練した投手2人がS1・2である

 

  • 大学生は練習前が白棒、練習後が網点棒である

 

  • そして、軸脚で蹴る力が最大になった時を ▲ 、肘を伸ばす筋肉 (〇) 、手首を曲げる筋肉 ( ● )の活動が始まった時をそれぞれ示している

 

  • 投球動作の中で、脚の力発揮と腕の筋肉の活動開始のマッチングをみようとしたのである 

 

  • 熟練した投手は、ボールを最も後方へ引いてから軸足で最大の力を発揮し、そして、踏み出し足裏全体を着地したころ ( b ) に2つの筋がほぼ同時に活動を始めていた

 

  • つまり、テイクバックしてから軸足でしっかり蹴り、踏み出し足を着く頃に腕の筋肉を働かせて始めていたのである

 

  • 野球経験のない大学生の中にも練習する前から熟練した投手のパターンになっていた者、練習してもパターンが変わらなかった者もいたが、練習によって熟練者のパターンに近づく傾向がみられた

 

脚と腕のマッチング例
  • 投球の腕振り動作は速いので、振る動き自体の良し悪しは見極め難いが、脚の動きとマッチングは軸足を挙げた時、踏み出し足の着地時など、あるポイントを基準にすれば見極めやすい

 

          f:id:sakuraiku:20210715064525p:plain

脚と腕のマッチング (画像引用:科学する野球 ピッチング&フィールディング)   

 

 

 

 

『ピッチング ステップ編』の復習をしたい方はこちら

 ⇩

 

 

『ピッチング 腕の振り編』の復習をしたい方はこちら

 

 

『ピッチング 投球動作のタイプ編』の復習をしたい方はこちら

 

 

『ピッチング コントロール編』の復習をしたい方はこちら


 

『ピッチング ボールリリース編』の復習をしたい方はこちら

 

 

 

 

参考文献

科学する野球 ピッチング&フィールディング (ベースボールマガジン 2016年10月25日 平野裕一)