仙腸関節を安定させる構造

f:id:sakuraiku:20210502054902p:plain

 

この記事は次のような人におススメ!

  • 仙腸関節を安定させる構造を知りたい

 

 

 

 

 

 

仙腸関節を安定させる構造

筋膜

  • 筋膜が関節周囲を走行すると関節が安定する

 

  • 仙腸関節領域でも筋膜が関節を安定させている

 

  • この領域の筋膜は上下から伸びてきて、仙腸関節の上側で交差するように走行し、互いに絡み合っている

 

 

胸腰筋膜
  • 胸腰筋膜は細い線維性構造を有し、その中で縦横に走行する線維が互いに絡み合っている

 

  • 次の3つの層からなる

 

  • 後層:脊椎および仙椎の棘突起と棘上靭帯に停止する。広背筋および下後鋸筋の腱膜に伸びて、腸骨稜外唇にいたり、仙骨に向かって走行する

 

  • 中間層:腰椎横突起先端とその横突間靭帯に向かって伸びる。最下位肋骨および腸骨稜で固定される

 

  • 前層:腰椎の横突起底、腸腰靭帯、腸骨稜に停止する。上側から脊柱起立筋が、外側から腹筋群が筋膜に伸びる

 

 

 

殿筋膜
  • 腸骨稜に停止し、中殿筋を超えて走行する

 

  • 殿筋膜は大殿筋周辺で筋繊維束につながる

 

  • 線維は仙骨の停止部で胸腰筋膜の線維と絡み合う

 

 

大腿筋膜
  • 靭帯繊維の一部も殿筋膜を超えて仙腸関節へ向かう

 

  • これは胸腰筋膜が大転子を回旋点として利用し、上腿外側部に沿って腸脛靭帯の一部になっている

 

 

靭帯

骨間仙腸靭帯
  • 骨間仙腸靭帯は関節包のすぐ後側にあり、さらに緻密に仙骨溝を完全に満たすことから、関節安定に非常に重要な機能を有する

 

  • 線維は短く、運動に応じて必ず一部が収縮する

 

 

仙結節靭帯と仙棘靭帯
  • 仙腸関節は前傾方向に運動する傾向が強い

 

  • したがって、非常に強靭なこの2つの靭帯が前傾方向への運動を安定させている

 

 

腸腰靭帯
  • この靭帯は前仙腸靭帯と結合して、仙腸関節前側を安定させている

 

  • 腸骨に伸びる線維の補助により、後下方への転移を阻止する

 

 

筋群 

大殿筋
  • 大殿筋は背側で仙腸関節を直接覆う唯一の筋である

 

  • 関節の安定性を向上させている

 

  • 線維は関節線に対してほぼ直角に走行し、関節を圧迫する

 

  • 上側は胸腰筋膜、腸骨、仙骨、尾骨、仙結節靭帯と結合して骨盤帯に大きな影響を与えている

 

 

 

梨状筋
  • 仙腸関節の下側を覆う筋である

 

  • 関節に対してほぼ水平に走行しており、仙骨を牽引して腸骨に近づけることで関節を圧迫する

 

 

 

脊柱起立筋
  •  脊柱起立筋の腱繊維は大半が仙骨溝の中央部の高さに停止し、仙骨尖にいたるのはわずかな長い線維のみである

 

  • この長い線維が仙結節靭帯と癒合する