仙腸関節を運動させる筋

f:id:sakuraiku:20210429170233p:plain

 

この記事は次のような人におススメ!

 

 

仙腸関節を運動させる筋

前傾させる筋

  • 脊柱起立筋

遠位線維が第2仙骨を超えて伸び、仙骨底の前方運動に働く

 

  • 坐骨下腿筋群と大内転筋

坐骨結節を下方に牽引し、その結果、腸骨が仙骨に向かって後方運動する

 

  • 腹直筋

腹直筋が恥骨を挙上すると、腸骨が仙骨に向かって後方運動する

 

 

前方回旋させる筋

  • 腰方形筋

腰方形筋が腸骨翼を内側に牽引する運動を前方回旋運動と称する

 

  • 恥骨筋、短内転筋、長内転筋

起始が支点の下側にあるこの3つの筋は、恥骨を外側に牽引する

 

  • 外旋筋群

外旋筋は骨盤下部を外側に牽引する

 

 

後傾させる筋

  • 広背筋

起始部の線維が腸骨まで伸び、腸骨を前方に牽引する

 

  • 縫工筋、大腿筋膜張筋、大腿直筋、内転筋

骨盤を前方および下方に牽引する

 

 

後方回旋させる筋

  • 中殿筋、小殿筋、大殿筋の上部繊維

腸骨翼を外側に牽引する

 

  • 半膜様筋、半腱様筋

坐骨結節を内側に牽引する

 

 

仙腸関節機能障害の転帰の連鎖

腸骨後傾・仙骨前傾

次の部位が障害の素因となる

  • ジェルディ結節の大腿筋膜張筋
  • 鵞足の縫工筋
  • 大腿直筋
  • 脛骨粗面
  • 膝蓋骨が上方転位して起こるジャンパー膝
  • 膝蓋骨軟骨症

 

仙腸関節障害は他の関節にも次のような影響をもたらす

  • 股関節:寛骨臼が近位に位置し脚が短くなる。殿筋の後側繊維に牽引され外旋位となる
  • 膝関節:内反しやすくなり、関節内側が圧迫され関節外側が過伸張する
  • 足関節:脛骨が後側にくる。そのため、背屈制限、足先の内転または回内、内側足部の凹足などが現れる

 

腸骨前傾・仙骨後傾

 次の部位が障害の素因となる

  • 内側半月に付着する半膜様筋
  • 鵞足の半腱様筋
  • 大腿二頭筋
  • 腓骨が近位に牽引される
  • 長腓骨筋に牽引されて立方骨が内旋する
  • 骨間膜が収縮して腓骨動脈や脛骨動脈などの血管孔が狭窄する(血流障害)

 

仙腸関節障害は他の関節にも次のような影響をもたらす

  • 股関節:寛骨臼が遠位に転位し脚が長くなる。殿筋の前側線維に牽引され股関節が内旋する
  • 膝関節:外反傾向、外側関節腔への圧迫、内側にある構造の過伸張
  • 足関節:脛骨が前側にくるため、底屈の制限、足先が外転・回外位、内側足円蓋の扁平化が現れる