骨盤の評価

今回は『骨盤の評価』について共有していきます!

骨盤の評価について

  • 仙骨と2つの寛骨よりなる骨盤は、立位・座位などの静的な姿勢の保持や、歩行時におけるスムーズな力の伝達などに重要な役割を果たす
  • 骨盤の機能障害によって、姿勢保持や歩行サイクルに影響を及ぼし、腰下肢痛を招くとともに、骨盤底筋及び骨盤内臓器にも影響を及ぼすと考えられている
  • 骨盤機能障害の分類にはいくつかの考え方が存在する
  • 骨盤の変位をイメージできるようになれば、いずれの方法にも対応が可能となる

 

腸骨の位置変位

後方腸骨(PI腸骨:上方恥骨)

  • ASISに対してPSISが下方
  • 仙骨に対して腸骨が後下方
  • 短下肢
  • 骨盤後傾
  • 坐骨前方
  • 圧痛点前方
  • 荷重側になりやすい
  • 腰痛が生じやすい

 

前方腸骨(AS腸骨:下方恥骨)

  • ASISに対してPSISが上方
  • 仙骨に対して腸骨が前上方
  • 長下肢
  • 骨盤前傾
  • 坐骨後方
  • 圧痛点後方
  • 仙腸関節可動性低下が生じやすい
  • 非荷重側

 

インフレア腸骨(内方腸骨)

  • ASIS内側変位
  • PSIS外側変位
  • 股関節内旋位
  • 寛骨が恥骨結合に近づく
  • 前仙腸靭帯短縮
  • 後仙腸靭帯伸張
  • 腹横筋厚い
  • 上前腸骨棘と臍との距離が反対側より近い
  • IN検査陽性

 

アウトフレア腸骨(外方腸骨)

  • ASIS外側変位
  • PSIS内側変位
  • 股関節外旋位
  • 寛骨が恥骨結合から離れる
  • 前仙腸靭帯伸張
  • 後仙腸靭帯短縮
  • 腹横筋薄い ⇒ 体幹不安定
  • 上前腸骨棘と臍との距離が反対側より遠い
  • En検査陽性

 

立位屈曲検査

  • 検査者がPSISにコンタクトした状態で、被検者が前屈する
  • この時のPSISの動きから、仙腸関節の可動性の有無を判断する
  • PSISが反対側に比べてより頭方に移動するほうが陽性

 

ASISと臍の距離

  • ASISに母指を、臍に示指を当て、左右でASISと臍との距離を比較する
  • インフレア腸骨:ASISと臍の距離が反対側より近い
  • アウトフレア腸骨:      〃     遠い