野球選手のための解剖学 短・長回旋筋

f:id:sakuraiku:20210301094743p:plain
野球選手のための解剖学シリーズ!今回は、『短・長回旋筋』について共有していきます。

起始・停止・神経支配

      f:id:sakuraiku:20201103081038p:plain

起始

  • 短回旋筋:胸椎の横突起
  • 長 〃 :  〃

停止

  • 短回旋筋:1つ上位の胸椎の棘突起
  • 長 〃 :2つ    〃

神経支配

  • 脊髄神経の後枝

特徴

f:id:sakuraiku:20210301094007p:plain

⑤短回旋筋  ⑥長回旋筋  ⑦多裂筋

⑧胸半棘筋  ⑨頸半棘筋  ⑩頭半棘

 

作用

筋機能の特徴

  • 両側が収縮すると、胸椎の伸展に作用する
  • 片側が収縮すると、胸椎の反対側回旋に作用する

 

筋連結

f:id:sakuraiku:20210208065206p:plain

帽状腱膜

後頭下筋

脊柱起立筋

腰仙筋膜

仙結節靭帯

ハムストリングス

腓腹筋

アキレス腱

足底腱膜

短趾屈筋

 

 

野球との接点

 慢性腰痛

  • 腰部コンパートメント内圧上昇が原因の腰痛がある
  • 椎間関節由来の腰痛では、脊髄神経後枝内側枝を介した反射により、同レベルの多裂筋に攣縮が生じる
  • 椎間孔を出た腰神経は前枝と後枝に分かれ、後枝はさらに外側枝と内側枝に分かれる。内側枝はその後、椎間関節に分布するとともに多裂筋を支配する。椎間関節における病態は、多裂筋の反射性攣縮を併せて引き起こす可能性が高い。

f:id:sakuraiku:20201103081134p:plain

  • 仙腸関節の安定化に関わる多裂筋の持続的筋攣縮例では、背側仙腸靭帯の間接的緊張の増加により、仙腸関節ストレステストが陽性となる場合が多い
  • 多裂筋は胸腰筋膜を介して腹横筋と連結する。そのため、多裂筋が収縮すると体幹のインナーマッスルである横隔膜や腹横筋、骨盤底筋群も同時に収縮する

 

解剖学を学んでおいた方がよい理由