烏口上腕靭帯

f:id:sakuraiku:20201026102541j:plain

 

野球選手のための解剖学シリーズ!

今回は、『烏口上腕靭帯』について共有していきます。

 

 

起始・停止

f:id:sakuraiku:20201105100554p:plain

起始

  • 烏口突起の基部

停止

  • 上腕骨の大結節、小結節

特徴

  • 烏口上腕靭帯には、一部小胸筋からの線維がそのまま合流し、構成されている
  • 烏口上腕靭帯は肩関節内転・伸展・水平外転で緊張し、外転・屈曲水平内転で弛緩する
  • 烏口上腕靭帯は肩関節下垂位での外旋に強く緊張し、この緊張は骨頭の下方不安定性に抵抗している

 

烏口上腕靭帯の周辺解剖

f:id:sakuraiku:20201105102338p:plain

  • 烏口上腕靭帯は烏口突起の基部から上腕骨の大結節・小結節をつなぐ靭帯であるが、多くの例で小胸筋からの腱線維が合流し構成されている
  • 疎性結合組織が主体の靭帯で、非常に柔軟性に富む一方で、いったん瘢痕化すると著明な拘縮を引き起こす

 

烏口上腕靭帯の機能解剖

f:id:sakuraiku:20201105102451p:plain

  • 烏口上腕靭帯は肩関節下垂位外旋で強く緊張し、同時に腱板疎部(Rotator Interval)は前後方向で狭小化し、骨頭の安定化に関与する
  • 内旋では烏口上腕靭帯は弛緩し、腱板疎部も前後に拡大する
  • 下方不安定肩において、外旋位で下方不安定性(サルカスサイン)がみられる場合は、烏口上腕靭帯を含めた前上方組織の弛緩が疑われる

 

野球との接点

肩関節拘縮

  • 烏口上腕靭帯の癒着、肥厚は肩関節外旋可動域を著明に制限し、肩関節拘縮のキーポイントとなる組織である

 

肩関節不安定症

  • 烏口上腕靭帯を含めた腱板疎部が弛緩すると、骨頭の下方不安定性が生じる
  • 肩関節外旋位で下方不安定性(サルカスサイン)がみられるときは、烏口上腕靭帯を含めた上前方組織の弛緩が疑われる

 

Sulcus sign(サルカスサイン)

  • 肩関節下垂位とし、患者の上腕をつかみ下方へ牽引力を加える
  • このとき、肩峰と上腕骨頭との間に陥凹認める場合を陽性とする
  • 肩関節内旋位、中間位、外旋位の3つの肢位で比較することが大切である

f:id:sakuraiku:20201108092303p:plain

 

 

解剖学を学んでおいた方がよい理由